赤ちゃんの命名はバランスに注意

赤ちゃんの名前を付ける際は、候補をたくさん挙げてそこから選ぶ方法が一般的です。好みの名前を絞ったら、次は名前に不備がないかをしっかり確認しましょう。

まず考慮したいのが、呼びやすさや書きやすさです。名前は書くよりは声に出して呼ばれることの方が多いので、耳触りのいい名前がいいでしょう。子供のことを「たーくん」と呼びたいなら、そこから派生させて名前をつけるのもいいでしょう。

次に、画数が多い漢字をあまり使わないのも重要です。大人になってからならともかく、子供のうちに書きにくい漢字を使うのは少しかわいそうですし、不便です。

あとは、姓と合わせてバランスがおかしくないかも確認しておきたいところです。たとえば姓が一文字なら、名前は3文字にしたほうがいいとか、全体の時の形を見栄えのいいものにするなどの考慮も必要です。

中性的な名前も注意がいります。「渚」などの名前は、男女両方に使用できますが、こういう名前は子供にとっていいかどうかは一考の余地があります。

Comments are closed.